Harley-Davidson


キャブレターモデルからインジェクションモデルまで幅広く対応いたします。

メンテナンスやカスタム等お気軽にご相談ください。


EFI TUNING

Direct Link

ダイレクトリンク フラッシュチューナー

 

初回書換え料 ¥70,000(税別)

 

2回目以降書換え料 ¥4,000(税別)~

 

・純正ECM書換えによるインジェクションチューニング。

・純正データが保存可能で、いつでも元に戻す事が出来ます。

・ECMは純正を使用するので信頼性が高く、価格負担が少ない。

・アイドリング750回転~(お勧めは800回転)

 

※ECM(Electric Control Module)


インジェクションチューニングとは?

ハーレーをよりハーレーらしくする為の方法です。

 

・アイドリングを適度に下げ(800回転)ハーレーらしいフィーリングを得る事が出来ます。

ノーマル状態の1000回転に比べ十分に体感出来ます。

 

・パワー、トルクを上げて 低速から高速まで気持ちよく走ることが出来ます。

チューニング後のパワー、トルクアップにより アクセルを無駄に開けなくてもスムーズに走る為、燃費は悪くなりません。

 

・エンジンの発熱を抑える事が出来ます。

排気ガス規制により ノーマルはかなり混合気が薄い状態で発熱量も過剰です。適切な混合気にチューニングすることによって 発熱を抑えエンジンを守ります。

 

・ノーマルマフラーでも効果があります。

 

・車検は受かります。

マフラーがノーマルであれば問題ありません。

 

・エアクリーナーの交換をおすすめします。

吸入抵抗の少ないエアクリーナーに交換することでより多くの空気が入り パワー、トルクが上がります。


NOTE:ご検討されている方、またチューニング済みの方へ

 

チューニング有無に関係なく、基本的な所は押さえておきましょう!

・バッテリー

・エンジンオイル

・ガソリン

これらはエンジンの調子に密接に関係しています。

まずバッテリー、基本中の基本ですね。ガソリンを送るのも、点火するのも、ECMを動かすのも、もちろん始動の為スターターを回すのもバッテリーです。コンディションは万全にしておきましょう!

続いてエンジンオイル、チューニングで発熱を抑えているとはいえ空冷大排気量エンジン! 実際にエンジンをモニターしていても数分アイドリングするだけで高温になって行きます。グレードの高いものを使用しエンジンを守りましょう!

最後にガソリン、ハーレーにお乗りの方はハイオクを入れていると思いますが、念を押して「必ずハイオク」を使用しましょう。ハイオクはアンチノック性が高く ノッキングが起こりにくいのでエンジン保護につながります。

 

日頃のメンテナンスに加え、少し愛車に気を使ってあげることで より良い結果が得られると思います。


DIAGNOSTIC

Centurion Super Pro

センチュリオンスーパープロ

EFI診断システム

 

・トラブルコードの読み取り

・各システムのテスト

・ABSのエア抜き

・ACR / EITMSの設定 etc.

当店ではダイアグツール(センチュリオン)を使用し、インジェクションモデルの故障診断・修理・メンテナンスに対応しております。